メルマガ代行「特定電子メール法について」

メルマガを配信する前に知っておくべき「特定電子メール法」についてご紹介します。

特定電子メール法とは

メールを送信する際の法律で迷惑メールを規制するためのものです。2002年に日本で制定。

対象

宣伝、営業目的のメールが対象になります。
例)クーポンやキャンペーンの招待またはSNSやwebサイトへの誘導なども対象になります。

罰則

違反をした場合、消費者庁または総務省から措置命令、改善命令が出され、従わない場合は1年以下の懲役または百万円以下の罰金(法人の場合は三千万円以下の罰金)があります。

違反しないための対策

・オプトイン、オプトアウトを実地する
オプトインは、受信に同意または許可した人のみ送信できます。オプトアウトは受信を拒否しない限り送信してもよいとうことで、メール内にオプトアウトリンクを設置する必要があります。

・表示義務をまもる
送信者がわかること、サービス名や会社名、担当者名などを明記します。受信拒否ができること、配信解除のリンクを設置します。送信者の住所や電話番号、メールアドレスを明記します。

 

関連記事一覧